カート
メニュー
ユーザー

沿革

明治36年8月 松栄堂創業 初代店主 主馬蔵
岩手県一関市川崎町(旧川崎村)の名松「三界の松」如く栄ゆる念願こめて命名。開店当初は、飴玉やパンなど駄菓子屋に近かった。
大正6年12月 2代目店主となる大介婿入り
卓越技能者に師事していた大介が松栄堂に婿入りしたことにより、さくら餅やどら焼などの中生製品、そして上生製品も店頭に並ぶようになり、和菓子屋として成長していった。
大正9年4月 「田むらの梅」開発
旧一関藩主・田村家14代丕顕公の依頼により初代主馬蔵と2代目大介、苦労しながらも「田むらの梅」を開発、原型を作り上げる。
昭和3年10月20日 「田むらの梅」献上の栄賜る
昭和22年9月15日 カスリン台風
昭和23年9月16日 アイオン台風
昭和24年11月23日 3代目店主・主一帰郷
徴兵後、9年1ヵ月ぶりのことであった。
昭和25年 「田むらの梅」復活
戦時中〜戦後、原料が手に入らなかったため製造を中断していたが、お得意様や地域の人たちの後押しにより復活することができた。
昭和32年8月 有限会社法人設立
昭和39年7月 一関市山目前田に本社工場移転
昭和43年6月 田むらの梅 第17回全菓博名誉総裁高松宮賞受賞
昭和52年11月 食品衛生改善向上優良施設厚生大臣表彰受賞
昭和62年〜63年 ごま摺り団子販売開始
販売当初は常温販売。お客様の「日持ちが短いから冷凍保存できたらよい」の言葉をヒントに試作を重ね、冷凍販売開始。最初はアイスの冷凍ストッカーを利用した。そして、駅や高速道路売店でも販売開始。
平成元年5月 田むらの梅 第21回全菓博茶道家元賞受賞
平成10年4月 地主町総本店リニューアルオープン
平成10年10月 商業統計調査通商産業大臣感謝状受賞
平成10年12月 新工場建設用地(3.716坪)、平泉町工業団地調印
平成10年〜 4代目店主 眞利就任
平成14年7月 株式会社に組織変更
平成14年11月 ごま摺り団子 第24回全菓博無鑑査賞総裁農林水産大臣表彰受賞
平成16年7月 松栄堂創業100年を迎える
平成17年2月 SWEET FLELDS SHOEIDO(中野店)オープン
平成17年3月 平泉工場完成
田むらの梅、ごま摺り団子など主力商品を移設。
平成23年3月 東日本大震災により店舗、生産設備などに被害を受ける
停電により本社工場・平泉工場ともに操業停止。農業用の発電機を使用し、臨時営業。
平成24年8月 荒木飛呂彦原画展(ジョジョ展)にて「ごま蜜団子」発売
平成25年4月 全国菓子大博覧会(広島菓子博2013)において
姫路菓子博に続き「ごま摺り団子」売上第1位
「ずんだ餅」も第3位となった

平成26年9月

5代目店主 宏眞就任
平成27年1月 田むらの梅(伝承・献上)リニューアル発売

平成289

「田むらの梅」日本が誇る地方の名産品Wonder500に選定

平成294

全国菓子大博覧会(伊勢菓子博2017)において「ごま摺り団子」売上第3位
平成29年8月 荒木飛呂彦原画展(ジョジョ展)にて第二弾「ごま蜜だんご」発売
平成30年7月 ごま摺り団子30周年復刻版リニューアル(佐々長醸造とのコラボレーション)

平成314

本社工場を平泉工場に統合
令和1年6月 総本店リニューアル 喫茶コーナーと工房を併設しオープン